空想とタメイキ

ポエトリーリーディングをするのがゆめでした。

変えたい、変わりたい

不安と期待 恐怖、こわい、こわい、こわいそれでも止められない 前に進もうとする私の気持ち未知のもの 飛び込みたい 私の目玉を塗り替えるように 視界が変わる 世界が変わるそのとき私はどうなっているだろう 経験したことのない場所に 自分を送り出したい …

脱力で進む

止められないでしょう そう言って笑って私の背中を押してブレーキを掛けてしまう自分を 外側から冷静に判断する もう一人の自分私はもう飽和状態 白目のまま横たわるけど あとはもう全部任せてもいいかな 信じるから 信頼してるから 私をいいようにして私の…

つかんで走れ

なんのために生きているのか、なんて わかる必要ないかもしれないけど 心ときめくものに向かっていけるような そんなエネルギーは持っていたくてそれが私の生きる理由じゃなくても (理由だとしても) それはたいしたことではなくて 心臓のしたからモコッと 気…

桃とわたし

じゃあさ、結局のところそういうことだよね さばさばした口調とは裏腹に 小刻みにリズムを刻む指先 なりたい自分と なれない自分の狭間 些細なことにイライラして 小さな自分にため息をつく そんなことよりも 世界はもっと広いのだから 空を見上げたらいいの…

ぐるりとまわる世界

くりかえしの日々にさようならをする夢を見た はっきりと目を開いて 意識だけを飛ばして その夢の中で私は笑っていた くりかえしの日々が悪いものではないということは すでにもう知っていた それでも私はひらひらと手を振りながら 過去など気にしないのよ、…

いらないもの

泣いてしまえば良かったのだこぶしを握って 唇を震わせて 怒りと悲しみで肩が上がろうとも 何も気にせずに泣いてしまえば良かった高ぶる感情を 不意に押し止める冷静さはなんだろう 喉から潰れるような嗚咽が漏れそうなのに 周りの気配を全力で感じ取れる能…

私を制御するもの

見えそうで見えない 私のこころの中感じるものを大切にしているのに 少しでも油断すると 頭が計算を始めるこれは長いこと数字と生きてきた証 社会で生きていくために身につけた信頼できる私の脳どんな場面でも脳がソロバンをパチパチと弾き 最低限のラインを…

渦巻く胸中

思い通りにならない、と感じる そもそも 思い通りとはなんだ心と言うより胸の中が渦巻く 思い通りになりたくない、と 自分以外の誰かの 思い通りにはなりたくない、と思い通りにしたいと思ったのは誰か 思い通りになりたくないと思ったのは誰か支配するのも…

見失う

早く変化がほしくて 早く結果がほしくて いつも 思いと同時に 瞬時に実現されたくてせわしない いつも急かしているもっともっともっと早く早く早く余裕がない 落ち着きがない 呼吸が浅くて 視線が定まらない頭に血がのぼってきて なにを急いでいたのかすら忘…

笑うんじゃないかな

明日も何となく笑えるような気がするよ退屈な日々だけど うんざりしたりもするけれどそれでも繰り返す日々のなかに なにかを見つけていくんだよ笑ったりため息ついたり そういうのが生きるってことだし 毛嫌いするほどに嫌なことじゃないでもだからこそ 嫌い…

この声がどこかに届くなら

あの空の向こうに飛んでいくだけでいいから ここではない場所にいかせてほしい呼吸がゆっくりになっていって 止まりそうになるんだ 穏やかで、平和で、単調で、退屈だ 人はそれを幸せと呼ぶのかもしれない だけど私にはスローモーションな世界がつらくなるく…

ねむくなるまえに

泣きたい いろんなものを削ぎ落としたい泣いて泣いて泣いて 膿やら泥やら 身体中から抜け出ればいいのに透明になって帰りたい 帰りたい、どこかへ電気を消して「思惑だよ」誰かの声がする かすかに口角を上げて笑う姿が見える気がする誰の思惑でも構わないよ…

実物大

思い通りにならない ならない ならない理想は空よりも高く 現実の私を置き去りにする届かないことへの苛立ちと 自分ならできるはずと言う強い思い込み身の程知らず自分の大きさを過大評価誰もわかってくれない、のではない 私がわかっていないのだなにも変わ…

透明な心の声

自信がなくて言い出せなくて 誰かに代弁してほしくて誰かにすごいと言われたくて 認めてもらえないと自己承認できなくてできなくて 力がないのではなく 私が臆病なだけわかっていてるけど 勇気が持てなくて 否定が怖くて空気が変わって私を後押ししてくれる…

生暖かい沼にズブズブと沈みたい 熟睡したり まどろんだり 呼吸をするように瞼を閉じたり開いたり心地好くて 気持ちよくて 生きているのか死んでいるのか分からないくらい 感覚を鈍感にしたい沼のなかでゆっくりと手足を動かす 暖かい泥が絡んで ほとんど動…

新しいもの古いもの

ふとした景色に記憶を呼び起こされる何が起きたか思い出せなくても 胸が苦しくなって 足が止まる遠い遠い記憶 あのとき私は確かな幸せの中にいた確かな幸せなのだと あのときの私は思っていた確かなものなどないのだと 大人になると理解してしまう 幼い確信…

視野の狭い自由人

自由がほしい 自由がほしい 自由がほしいやりたいことを思いきりやりたい 誰かのために生きたくない 自分のことだけ考えたい役割に縛られる本当の自分を取り戻したい自分のしたいことを選択することで 罪悪感を感じたくない今は視界が狭すぎて 大切なものを…

甘い暗闇

穏やかさと退屈の区別がつかない 満たされているか 満たされていないのか そんなことのような気もするけど人が羨むことと自分が納得していないこと そのギャップに苦しむのに似ているすべては自分の心の持ちよう そんな風に思うときもあるけど 自分にそんな…

言葉の引力

たいしたことではないのだ、と 声に出してみる その声が思った以上に普段の声なのを確認して 私は安堵する 動悸が激しくても 目に涙が控えていても たいしたことではないのだ、と 言葉を口にしてしまえば その言葉に感情が引きずられる そうやってどんどん …

なくなる

どうして幸せをくれなかったんだろう こんなにも幸せに飢えていたのに そしてそれを分かっていただろうに まさかそんな風に自分が不幸になるなんて思わなかったし そんなことは起こってはならないことだった 止めようがないと気付いたときには 今までの人生…

見上げたら晴れていた

あの日のことを突然思い出した 今まで一度も思い出さなかったのに ざわめく風のように 鳴きすぎて枯れた小鳥の声のように ふいに突然 私の心をノイズが襲って 苦しくなってから 心が緩んだ もうあれはとおいとおい記憶 すっかり過去になったあの出来事は 今…

空に浮かぶ涙

ほんとはもうずっと長いこと泣きそうだった 私のやりきれなさを その風呂敷にふんわりと大きく包んで 空に投げて 風に乗って いつか結び目がゆるく解けて きらきらと空の塵になればいい どうして胸は苦しくなるの どうして私のつま先はステップが踏めないの …

求められていること 求めていること 求めたいこと 求めてもらいたいもの 欲求はいつもいつのまにか私の心に居座る 透明で見えないのに しっかりとつかみ心地があり そしてしっかりと私の心をつかんだまま

トモダチ

友達とか友達とか友達とか 大事なんだすごく なんでとか言われたらわかんないけど 安らぐんだ 勇気が出るんだ 笑えて、泣けて、一緒に立っていてくれるんだ 不安なんかよりも断然ダントツに安心があって 目の前にいなくても 会いたいときにタイミング合わな…

キズ

不用意な言葉が口をついて出てしまう 傷付いたような強気な返事に 傷付けたことを知る 自分にばかり意識が向くから 自分のことばかり話してしまう 自分のことを言ったつもりでも その言葉がどんなに相手に刺さるのかを なぜいつも考えておけないのだろう な…

生きてる実感のなさ

もがき苦しむほどの生命力はない 何となく手足を動かして 目を開けて口を動かして 日々が過ぎて行く 情報が溢れてる 選択肢は無限大 自分の心を見失うくらいに それとなくオートマに生きれてしまう 便利は心をなくすよ 生きてる、を感じたい たぶんそれだけ…

欲しがり

同じ姿勢をしていたら 足が痛くなるように 同じ生活をしていたら どこか痛むと思うんだ 少し体勢を変えるように 少しの変化は時に必要で だけど なにが必要で 自分が何を求めているのか それは分からなかったりして きちんと前を向いたり 向上心あるふりして…

気持ちをつかんで遠くに投げる

遠くに置いてきたい気持ちがある 見えなくなるほど 感じられなくなるほど 遠くに 私から生まれでた感情なのは分かってるけど なかったことにしたくて 見たくなくて 感じたくなくて 遠くに離したところで 私から発生してるのだから意味ないけど きれいさっぱ…

生活

本当の本当はわかってたんだ 自分が情けないことも ふわふわになるよう寄せた羽布団にダイブする 雨の音を聴きながら息を止めたり吸ったりする なにかに悩んでいるわけじゃない でも、踊り出しそうなほどハッピーなわけでもない 些細な日常に幸せを感じるよ…

現実から逃げるよりも

はっきりとしない自分の気持ちを、はっきりとさせないまま もどかしさを持ち歩く この先どうしたらいいか、なんてこと 真剣に考えたり ため息をついたり 空を見上げたり そういうことをするのにも疲れてしまって この「もどかしい思い」を持ったまま歩くのも…