空想とタメイキ

ポエトリーリーディングをするのがゆめでした。

なくなる


f:id:takusannokimochi:20170613013120j:image

 

どうして幸せをくれなかったんだろう

こんなにも幸せに飢えていたのに

そしてそれを分かっていただろうに

 

まさかそんな風に自分が不幸になるなんて思わなかったし

そんなことは起こってはならないことだった

止めようがないと気付いたときには

今までの人生の歴史を白紙にしたいくらいだった

 

口の中で溶けていく飴玉を

なくならないよう必死に舐めないようにするくらい

無駄だと分かっていたって

その甘さを手放したくなくて

無駄な抵抗をすればするほど

飴は跡形もなくなくなった

 

幸せがほしかったの

幼かった私は

あなたから受け取りたかったの

与えてもらいたかった

広告を非表示にする