空想とタメイキ

ポエトリーリーディングをするのがゆめでした。

叱咤

日々に忙殺される

あたしの人生はどこ

 

情けない

 

生きれてないって どういうこと

逃げの言葉

生きてる事実がある以上

これが自分の人生でしょ

 

選択肢がひとつだったわけじゃない

過去がどうであれ

今は

自分でも選び取れるものがあるはず

 

いい加減にしてよ

目を覚ましなよ

 

あたしはあたしを生きる

生きるよ

 

f:id:takusannokimochi:20160812162141j:plain

広告を非表示にする