空想とタメイキ

ポエトリーリーディングをするのがゆめでした。

気付いて

あのときのことば、というものが嫌い

賞味期限の切れた言葉を大事に持っておかれるのが嫌い

 

さらさらと

ふわふわと

あたしの心は移り変わるの

 

いつまで過去の言葉に

あたしを縛り付けるつもりなの

いつまで証拠のように

その言葉をかざすつもりなの

 

ねえ

あたしを見てよ

今のあたしの言葉を聞いてよ

自分にとって都合よかったあたしを

いつまでも照らし合わせないでよ

 

あなたの好きな子はもう存在しないのよ

 

もう存在しないの

 

f:id:takusannokimochi:20160903084920j:plain

広告を非表示にする